娘が好きな絵本ランキング~1歳児編~

妻は、娘にはたくさん本を読ませたいとよく言っていましたので、

赤ちゃんの頃から引き続き絵本を読ませております。

おかげで、我が家の絵本の数もどんどん増えてきました。

このままでは本棚に入りきらなくなるので、

どうしようかと考えております。

今度何冊あるのか数えてみようかな。

最近2歳になった娘が、1歳の時に好きだった本をご紹介します。

誕生日プレゼントなどの参考にどうぞ。

だるまさんシリーズ

0歳児編でも紹介しました。

1歳になっても引き続き興味を持って読んでくれています。

文字が少なくて手や体を動かしている絵本なので、

それに合わせて娘も手や体を動かすのが、楽しいのかな?

うずらちゃんのかくれんぼ

”これ読んで~”と娘がよく持ってくる絵本です。

イラストが可愛らしいですね。

同じシリーズの「うずらちゃんのたからもの」という絵本があるので、

今度買おうと思っていたところに、先日図書館で見つけたので

読ませてみましたが、あまり興味を持ってくれませんでした。

ので、買うのは一度保留にしようと思います。

だ~れのおうち?

だれのおうちかな~とページを引っ張るとだれのおうち!と

楽しめる絵本です。

0歳の頃から読ませていましたが、自分でページを

引っ張れるようになってきてから見る頻度が多くなりました。

やはりこういったしかけ絵本というのは、興味がわくのでしょうか。

さんびきのこぶた

1歳の誕生日プレゼントで妻と一緒に選んだ絵本です。

絵本の中がデコボコしています。

まだ文章まではあまり理解していなくデコボコを触ったり

絵を見ているだけなので、これからも読ませていこうと思います。

くだものだもの

色々なくだものが出てきますが、物語ではなくて1ページで文を

絵にして説明している絵本です。

ボクの見解では、娘が果物を好きなことと

たくさんの色があるので興味を持っているのだと考えています。

1歳でも成長が早いので、どんどん興味を示す絵本も変わってきます。

前半(1ヶ月~6ヶ月)と後半(7ヶ月~12ヶ月)では、

興味を持つ絵本も変わってきます。

絵本もたくさんあると置く場所がなくなってきてしまうので、

最近では図書館もちょこちょこ利用するようにしました。

その場で読ませることもできるので、気に入った絵本を借りています。

それから、2ヶ月くらい前にももたろうの絵本

(付録でついてくるような小さい小冊子)を読ませたところ、

気に入ったのかよく読んでいます。

ももたろう読んで~と言うと、

「むかしむかし、おじいさんとおばあさんがいました~。」

と自分で話すようになりました。

その後も娘の話は続くのですが、何を言っているのか分かりません(笑)

”これからもたくさん、たくさん絵本を読ませていきます。”



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする