初めて読んだ育児・教育の本~アグネス・チャン「スタンフォ-ド大に三人の息子を合格させた50の教育法 」

本を読みました。

アグネス・チャン「スタンフォ-ド大に三人の息子を合格させた50の教育法 」

まさか自分が教育関連の本を読むようになるとは思ってもいませんでした。

娘を良い大学に入れたい!という考えはないのですが、

むしろ自分も大学を出ていないので、どちらでも良いと思っています。

しかし、やはり選択肢は多い方が良いに決まっています。

初めて読んだ感想として、一番に思ったのは

子育てだけではなくて仕事や普段の生活の中でも、

あーそうだなぁと共感できる内容があって、

子どもがいない人が読んでも楽しく読めると思いました。

自分がこれはぜひ我が家でも大切にしようと思ったことをまとめてみました。

【親の心構え】
・愛情表現は恥ずかしがらずに。大げさに。ストレートに。
・叱らない。良いときに褒める。
・子供を注意深く観察。どんな行動でも面白がる。
・行く場所、食べ物、人の出会いを多く。五感で体験させる。
・興味のあることを根気よく続けさせる。
・各国の伝統行事を祝って、自国の伝統や文化を理解させる。
・絶えず面白いこと、新しい情報を与える。
・常に子供に問いかけて、考える材料を与える。
・何でも話をして、一緒に悲しんだり悩んだりする。大人の話にも参加させる。
・いつもまず自分の一日を子供に報告する。
・毎日違ったメリハリのある、刺激的な生活。
・毎日の生活の中で、ちょっとしたユーモアを持って接する。
・疑問を持たせる→丁寧に答える。
・一つのテーマをいろんな角度から考えて、総合的な情報に触れてみる。

【子供に教えること】
・絶対に嘘をつかない。心に距離ができる。
・自分が正しいと思ったことは堂々と意見を言う。
・人と違っているのは悪いことじゃない。むしろ恵み。
・あなたはあなたのままでいいよ。
・人に親切に。自分を守るためには、人も守らなきゃいけないよ。
・自分の心配よりも、家族や内輪だけでなく、社会や世界のことを考えて。
・おかげさまでの心、感謝の気持ちと恩返しを忘れると寂しい人間になるよ。
・何事も無駄はない。失敗をどうやって成功の元にするのだけが課題。
・何もなくても、想像力さえ働かせれば、人は最高に楽しい時間を作り出せる。
・とにかく疑問やわからないことがあったら、必ず解けるまで追究するように。
・一つの情報だけを信じない。どんな情報も掘り下げて、いろんな角度から考えて、実情をよく知ることが大切。
・イライラするのはみんなが体験する自然現象。時期が過ぎれば、もっと成長した素敵な自分になるからね。

全部を常に意識しては無理だと思うので、

少し時間が経ってから見直していきたいと思います。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする