10枚で310円!当日に急遽名刺が必要になったので、キンコーズでその場で印刷して作りました。

名刺がきれてしまった。

名刺を忘れてしまった。

でも当日の打ち合わせで必要になった!

こんな時にどうしたらいいのか・・・

少し前であれば、主要な駅には名刺の自動販売機が置いてあり、

すぐに作成出来ましたが、最近では置いていない駅も多く見なくなりました。

しかし名刺が急遽必要になった時には困ってしまいます。

そこで以前からときとぎ利用しているキンコーズへ行きました。

東京23区は店舗数も特に多いです。

(キンコーズ 東京23区の店舗)

虎ノ門、外苑前、内幸町、田町、浜松町、赤坂見附、

溜池山王、品川、汐留、大手町、淡路町、日比谷、市ヶ谷、

秋葉原、神保町、麹町、銀座一丁目、東銀座、茅場町、

水天宮、日本橋一丁目、西新宿、新宿南口、新宿センタービル、

新宿御苑、高田馬場、上野、上野広小路、大崎

渋谷、恵比寿、渋谷公園通り、池袋西口、池袋東口

店舗によって、営業時間が違います。

中には、24時間営業している店舗もあります。

まずは、パソコンレンタルの受付をします。

パソコンでWordを開きます。

テンプレートで名刺があるので、選択して作成するボタンを押します。

名前、役職、会社名、電話番号、メールアドレス、ホームページURLを入力します。

一つ入力すると連動されて全て同じ内容が入ります。

印刷をします。

プリンターはカラー印刷用を選択します。

ここまで5分もあれば出来ます。

印刷枚数を決めます。

A4サイズを1枚プリントすると、名刺10枚分が取れます。

例えば50枚必要な場合は、5枚印刷します。

用紙を選びます。

既に決まっている場合は、出力する際にスタッフへ渡す紙に番号を記載します。

どの用紙にすればよいかわからない場合は、

カウンターで用紙サンプルが見れるので、自分の好きな用紙を選びます。

値段の違いも10-20円くらいなので、一番良さそうなのを選ぶことをオススメします。

印刷された紙を受取って、会計をします。

裁断機の貸出があるので、印刷された用紙を

名刺サイズにカットしていきます。

これが一番難しかった・・・・

自分でやってみてあまり上手く出来なかったです。

不器用なんです。

お客さんとか大事な取引先などに渡す場合は、

別料金ですが店員さんにお願いしたほうが良いと思いました。

(今回利用した金額)

PC利用250円
カラー印刷40
用紙20円
———————–
合計310円

(参考)キンコーズ プリント用紙別の価格

簡単に出来て値段も安いので、デザインなどにこだわりがある場合は

あまりおススメしませんが、当日に緊急で必要な時にはぜひ使ってみてください。

時間に余裕がある場合には、ネットで注文したほうが圧倒的にお得です。


“そういえば家にプリンターまだ買っていなかったな。”



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする