コロナで感じたこと「マスメディアや他人に流されるな」

毎日至るところでコロナのニュースが流れています。子供がいることもあり親からもうるさく言われていて逆にストレスが溜まります。言ってることは理解出来ますが納得出来ないのでブログに吐き出すことにしました。

そんなに言うなら家から完全に出ないで生活すれば良いじゃないですか。
完全に誰とも会わずにリスク回避して生活している人から言われるならまだ同意する余地があります。

仕事も辞めて外出してるのを全て辞めれば良いのです。

ネットで食品も生活用品も揃えられるますし宅急便だって置き配にも対応しています。
ボクは今は完全に誰とも会わずに自宅から出ないで生活が出来ると思っています。

なのに仕事を辞めないのはコロナよりも生活費の方が大切だから。
ネットスーパーを使わないのは面倒くさい、使い方が分からない。
コロナよりそれを覚える方が嫌だからとしか思えません。

確かにワクチンがないこと、子供や高齢者など免疫力が少ない場合にもリスクはあります。

ただ現実的にコロナの死亡者数は熱中症の人の方が多いですし他の病気でなくなる確率の方が高いです。
しかしそんな事実は受け入れずに完全にマスメディアに洗脳されているとしか思えない人が多いと感じます。うちの親もテレビばかり観ています。

いつどこでコロナに感染するか分からない状況なのでなるべくリスクを避けることには賛成です。
他人と生活している場合は自分だけの問題ではないことも分かりますが、ただリスク回避をどこまでするべきなのかというレベルは個人個人違います。

もし自分や子供、親がコロナに感染したらどうするんですか?と質問された時には、なったら仕方ないですとしか答えられません。

交通事故にあったらどうするんですか?と聞かれているのと同じです。
満員電車に乗らない、マスクする、手洗いうがいはこまめに、除菌シート持ち歩くなどもちろんリスクはなるべく回避します。

もしボクが独身だったらこの機会に日本全国を毎週のように旅行へ行ってたと思います。

なるべく自粛しろとか不要不急の外出は控えろいうから遊びに行かない人も多いですね。別に強要はしないけどいつまで続けるんですか?
このままずっとコロナが続いても従い続けるんですか?と聞きたいです。
答えを聞いたところで何かするわけではないですが別の意見や考え方は知りたいですね。

冷酷なのかもしれません。

自分の意見がしっかり言えることとわがままは紙一重といえます。

現代社会ではテレビや雑誌などマスメディアに情報を把握されています。さらにインターネットの普及により、Web上でも多種多様な情報が簡単に手に入るのです。

その方が楽なんですよね。
だって誰か他人に決めてもらうだけで自分は何もしなくて良いのですから。
しかしなんでもかんでも受け入れたくはないでしょう。自分に不都合なことに対しては反発したり否定的な気持ちを持ちます。
つまり自分の意思というのは誰にでもあるものです。

ただ現代社会では他人へ対してしっかりと意見や考えを言えないという人も増えてきています。これはネット上で匿名で発信出来るツールが普及したというのも理由のひとつでもあります。

情報に流されずに自分の信念や考えを持ち続けることはますます大切になってくるでしょう。

こちらの記事は賛否両論がありますがどちらかというと否定派の方が多いのかもしれません、
半分以上は自分のワガママなのかもしれません。

”愚痴っぽいけどたまには許してね。”

いいね!はこちらをポチってね

にほんブログ村 子育てブログ シングルパパ育児へ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる