手取り収入が増える保険|節税効果はどれくらい?

火災保険や生命保険、医療保険に加入している人は現在の契約内容を把握しているでしょうか?
保険に加入する時には把握していてもすっかり忘れてしまっている人も多いと思います。

保険の種類は数千種類もあると言われています。
全て紹介することは難しいので、今回こちらの記事では節税効果のある保険のみを解説していきます。
(平成24年1月1日以後に締結した保険をベースとして説明しています。)

目次

節税効果のある保険は?

節税効果のある制度は、「地震保険料控除」と「生命保険料控除」の2つです。

「地震保険料控除」が使える地震保険は、賃貸や持ち家で加入している火災保険にオプションで加入できる保険です。
地震で損害が出た時に、補償されるという保険です。

「生命保険料控除」が使える保険は3種類あります。

  1. 一般生命保険料控除
  2. 介護医療保険料控除
  3. 個人年金保険料控除

それぞれの保険について具体的な内容を説明していきます。

地震保険料控除

最大控除額は5万円!
年間の地震保険料が5万円未満の場合は、支払金額の全額が控除されます。

申請するには、保険会社から毎年秋頃に送られてくる「地震保険控除証明書」が必要です。

地震保険について簡単にまとめると…

  • 保険料・・・建物の構造や所在地によって支払う保険料が変わります。
  • 補償対象・・・地震保険の対象は、「建物のみ」「家財のみ」「建物と家財」の3種類あります。
    火災保険と同じように3種類の中から選択出来ます。
  • 加入条件・・・火災保険に加入していることが条件です。
    初めは火災保険のみ加入して、後で地震保険を追加することも可能です。
  • 補償金額・・・地震保険の補償金額は、火災保険の補償金額の30〜50%の範囲内と決められています。
    また、上限も設けられており、建物は最大5,000万円、家財は最大1,000万円までの補償です。

万が一地震によって損害を受けた場合は、建物や家財などの損害状況によって支払金額が変わります。
補償額が満額支払われるということではない点に注意が必要です。

地震保険は、火災保険に加入していることが必要なので、まずは火災保険の見直しから始めることをオススメします。

一般生命保険料控除

最大控除額は4万円!

主な保険の種類としては…
死亡保険、定期保険、終身保険、養老保険、学資保険、収入保障保険などがあります。

介護医療保険料控除

最大控除額は4万円!

主な保険の種類としては…
医療保険、がん保険、介護保険などがあります。

個人年金保険料控除

最大控除額は4万円!

保険会社が提供している個人年金保険に加入することで使えます。

どのくらいの節税効果があるのか?

4つの保険料控除について解説しましたが、具体的にどのくらい節税効果があるのかをシミュレーションしていきます。
下記の表に各保険ごとの最大控除額をまとめました。

保険制度最大控除額
地震保険料控除5万円
一般生命保険料控除4万円
介護医療保険料控除4万円
個人年金保険料控除4万円

税金の計算は、課税所得税額をもとに計算されます。
課税所得税についてよく分からない場合は、こちらの記事をご参照下さい。

課税所得税額からこちらの4つの保険控除額を差し引くと最大17万円が控除されます。
ひとつ例を挙げてシミュレーションをして、どのくらいの節税効果があるのか見てみましょう。

課税所得額が480万円の場合(保険控除なし)
 所得税:480万✕20%ー42万7,500円=53万2,500円

保険控除を最大限利用すると…
 所得税:(480万ー17万)✕20%ー42万7,500円=49万8,500円

合計3万4千円の節税効果!

保険の加入時期によって変わる控除額

現在、保険に加入している人は契約した時期によって、2つに分けられます。

  • 新契約(平成24年1月1日以後に締結した保険契約等)
  • 旧契約(平成23年12月31日以前に締結した保険契約等)

それぞれの違いは、控除額が変わることです。
旧契約の方が控除額は多いですが、これから加入する場合は全て新契約になります。

新契約の控除額

平成23年12月31日以前に締結した保険契約等の場合は、下記の表が控除額になります。

旧契約の控除額

平成24年1月1日以後に締結した保険契約等の場合は、下記の表が控除額になります。

節税効果のある保険のまとめ

節税効果のある保険は、2つの保険料控除制度が使える保険です。

  • 地震保険料控除
  • 生命保険料控除

ご自身で加入している保険について見直しをしたり、これから新しく加入を検討している人はこちらの控除額もふまえて選ぶことをオススメします。

いいね!はこちらをポチってね

にほんブログ村 子育てブログ シングルパパ育児へ
setuzei

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる