時間が足りないひとり親は家事代行サービスを使うべき理由|デメリットは?

家事代行サービスという便利なサービスは聞いたことあって知っている人は多いですよね。
けれど、具体的な内容まで知らない人も多いかと思います。

  • 家事代行サービスは何をしてくれるの?
  • 知らない人に家事をやってもらうのは心配。
  • 本当に信頼できるの?
  • メリットやデメリットは?

このように疑問に思っている人へこちらの記事を読めば全て理解できるように解説していきます。

目次

ひとり親が家事代行サービスを使うべき理由

まず、家事代行サービスを利用するメリットとデメリットについて説明していきます。

家事代行サービスを利用するメリット

家事を他人に任せるというと、なんとなく罪悪感を感じてしまう方が多いかもしれませんが、最近は家事代行サービスの会社も増えており、需要も上がっています。
働く主婦だけでなく、単身世帯のビジネスマン、子育て中や妊娠中で家事まで手が回らない、介護中で手が離せないなど、少しで良いから誰かに手を貸してほしいと考えている人は多いです。

家事をプロに任せることで、今まで家事に回していた時間を有効に使うことができ、心にも余裕が生まれます。
また、プロに任せることで自分では普段手が回らないようなところも掃除してもらえます。
家事代行というと掃除や洗濯が一般的です。掃除なら、掃除機かけから床の拭き上げ、キッチンや洗面台、お風呂掃除まで任せられ、無理に自分で時間を作らなくてもいつも綺麗な部屋を保つことができます。
洗濯は、衣類の洗濯や洗濯物をたたむ作業はもちろん、ベッドメイキング後のシーツや寝具の洗濯まで任せることができます。

子育てをしながらだと必ずと言っていいほどすべての家事が中断され、細切れに中断されることもストレスになります。
やらなければいけないのにできなかった・・・というのはかなりイライラしてしまいますよね。

こういった理由でも、一定時間プロが集中して家事を行うメリットは大きいです。
プロなら確実に時間内に約束した家事を完了させてくれます。

家事代行サービスのデメリット

デメリットとして挙げられるのは、やはり費用面です。
自分で家事を行う場合はもちろん料金はかかりません。
家事代行をお願いする以上は、毎回一定額の料金が発生します。
費用に合わせて一か月にお願いする回数などを決めることもできるので、契約の時に相談してみると良いでしょう。

もう一つのデメリットとしては、他人が家に定期的に入るということです。
気にしない人には全くデメリットにはなりませんが、掃除や洗濯などの家事をするということは家の中が丸見え状態になります。
確実に信頼できる会社選びが大切です。

家事代行ってどんなことをしてくれるの?

前述したように、家事代行というと掃除や洗濯が一般的です。
でも、家事というのは掃除と洗濯だけではありません。
食器洗いから片付け、アイロンがけ、ボタン付けやズボンの裾上げ、靴磨き。
植物の水やり、窓ふき、ゴミの分別とゴミ出し。
庭掃除やベランダの掃除も可能です。
さらに、料理の作り置きや下ごしらえ、必要があれば食料品の買い物もあります。
文字通り、普段家で家事を担当する人が日常的に行っている家事を代行してくれるサービスです。

利用の回数は、各サービス会社によっても決まりがあったり変わってきますが、

  • ちょっとだけ家事を手伝ってほしいという方は2週間に1回
  • 定期的に綺麗にしてほしい場合は1週間に1回
  • 食事までできるだけ任せたいので1週間に3~5回

というように家事の内容や依頼する人の希望で決めることができます。

古くからの‘家政婦’をイメージしていると、家主が家にいる時に家事をすると思いがちですが、最近の家事代行サービスでは鍵預かりのサービスを行う会社もあります。

事前にお宅の鍵をお預かりして、依頼する人が不在の時間帯にお邪魔し、家事を済ませます。
依頼する人はいちいち立ち会う必要もなく、時間を有意義に使うことができ、依頼者が仕事に出かけている時間帯に契約すれば、仕事から帰ると部屋が綺麗に片付いている、ということも可能になります。

家事代行サービス会社を選ぶのに大切なこと

まずは料金がわかりやすいことが挙げられます。

会社によって設定時間や料金が異なります。
担当者によって金額が変わる会社もあれば、鍵預かりも有料・無料の会社、基本料金以外に交通費や消耗品代を請求される場合もあります。
大きく表記されている料金だけを見て契約してしまうとトラブルになることもあるので、注意が必要です。
必ず料金表の小さな注意書きまでしっかり確認するか、見積もりや契約の時に担当者に直接確認をしましょう。

不在時にサービスの利用を考えている場合は、鍵預かりの対応をしてくれる会社かの確認も必要になります。
家の中に定期的に人が入ることになるので、スタッフの教育体制なども確認しておいた方が安心かもしれません。

代表的な家事代行サービス3社比較

では、実際にどんな会社があるのか具体的に見てみましょう。
こちらでご紹介するのは代表的な家事代行サービスを提供している3社です。

ダスキン家事おてつだいサービス【メリーメイド】

ダスキンといえば誰もが聞いたことのある大企業で清掃やクリーニングで有名です。
メリーメイドサービスは「手にしてほしいのはあなたの時間です」というキャッチコピーで家事代行サービスを行っています。
社員教育は徹底されており、料金も明確です。
契約前に責任者による見積もりがあり、時間内でどのようなサービスを受けられるか細かく相談することができます。

  • 依頼時間:1回2時間~
  • 単発依頼:〇
  • 鍵預かり(不在時対応):〇

ダスキンの家事代行サービス

タスカジ

タスカジとして登録しているハウスキーパーと依頼者のマッチングをする会社です。
家事代行業者を介する必要がないため、依頼者とハウスキーパーが直接やりとりをすることができ、細かい要望などにもスムーズに対応できます。
業者を介さないため、サービス料も低価格で設定されています。

  • 依頼時間:1回3時間~
  • 単発依頼:〇
  • 鍵預かり(不在時対応):〇

1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

キャットハンド

社名の通り、「猫の手のようにお客様のお役に立ちたい」と考えてハウスキーパーを派遣している会社です。
もともと人材派遣会社としてたくさんの人材の人選、育成、管理をしてきた会社なのでスタッフ教育は信頼できます。

  • 依頼時間:1回2時間~
  • 単発依頼:〇
  • 鍵預かり(不在時対応):〇

【家事代行サービスのキャットハンド】

ここでご紹介したのは、ほんの一部の会社です。

家事代行サービスのまとめ

サービス会社依頼時間単発依頼鍵預かり
(不在時対応)
メリーメイド1回2時間~
タスカジ1回3時間~
キャットハンド1回2時間~

家事代行サービスは「もう少しこうできたら」「あと少し時間があれば」という願いをかなえるサービスです。これからは、食費や光熱費のように「家事」の費用が家計に入る時代が来るかもしれません。

初めて依頼するときには勇気がいるかもしれませんが、どの会社も親切に見積もりやカウンセリングをしてくれます。単発で依頼できる会社がほとんどなので、勇気を出して一度お試しでお願いしてみると良いでしょう。

きっと家事の心配や悩みが吹き飛び、心に余裕がうまれるはずです。

いいね!はこちらをポチってね

にほんブログ村 子育てブログ シングルパパ育児へ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる