仮想通貨という言葉はほとんどの人が聞いたことがあると思います。
でも実際に内容まで理解している人は少ないのではないでしょうか?

本記事では、仮想通貨について素人でも理解出来るように解説していきます。

仮想通貨とは?

仮想通貨を一言で簡単に説明すると、

インターネット上のお金です。

日銀の定義では…

・不特定の者に対して代金の支払い等 に使用できる
・法定通貨(日本円や米国ドル等)と 相互に交換できる
・電子的に記録され、移転できる
・法定通貨または法定通貨建ての資産(プリペイドカード等)ではない

仮想通貨の正式名称は、 「暗号資産」と呼ばれています。

日本円や米ドルのような法定通貨との違いを簡単にまとめると…

  • 管理者がいない。
  • 中央銀行のように発行や管理している 国や団体がいない。
  • ブロックチェーンという技術を 使ってみんなで管理している。
  • 為替レートがない 世界共通で使えるので、両替など 必要なく使える。

仮想通貨の役割

ここでは、仮想通貨が実際に何に使えるのか主に3つの用途を解説します。

送る・受取る

  • インターネットを使って世界中のどこへでも 送ったり受取ったりできる
  • 手数料が安い
  • 送金スピードが早い
  • 24時間365日対応

決済に使う

  • ECサイトや飲食店、家電量販店などで硬貨やお札と同様に使って買い物ができる
  • 世界中で使える
  • 為替レートがない
  • その場で使える

投資する

  • 価格が常に変動しているので、投資商品として取引ができる
  • 24時間365日対応
  • 数百円から始められる
  • ハイリスクハイリターン

仮想通貨のまとめ

仮想通貨とは…

  • デジタル通貨の一つ
  • 金融庁にも認められている資産
  • 正式名称は「暗号資産」
  • 世界共通で利用できる
  • ブロックチェーンという技術を 使って管理している