2021年は、NFTバブルです。

ニュースでも話題になることが多くなり、日本最大ユーザ数を抱えているSNSアプリ「LINE」を運営するZホールディングス株式会社や同じく日本最大のフリマアプリ「メルカリ」を運営する株式会社メルカリなど大手企業も続々とNFT事業に参入を表明しています。

NFTとは?

始めにNFTについて簡単に説明します。

NFTとは、唯一のアイテムの 所有権を示すものです。

Non-Fungible Tokenの略 で日本語に訳すと「代替不可能なトークン」と言います。
トークンは「ブロックチェーン技術 を使って発行された仮想通貨」のことですね。

現時点でNFTが具体的に利用されているマーケットとしてはいくつかあります。

  • デジタルアート
  • デジタル写真
  • ゲームのアイテムやキャラクター
  • トレーディングカード

これらのNFTアイテムは専門のマーケットで売買が出来ることが特徴です。

日本国内のNFTマーケット

TOKEN LINK(トークンリンク)

ブロックチェーンゲーム「CROSS LINK」を運営する株式会社プラチナエッグが運営しているNFTマーケットです。

取扱っているアイテムは、同ゲーム内で利用されているアイテムです。

コインチェックNFT

仮想通貨取引所コインチェックが運営しているNFTマーケットです。

2021年3月にリリースされてコインチェックのユーザー限定で利用できます。

ブロックチェーンゲームのアイテムやキャラクターなどの他にもアイドルのNFTトレカも取扱っています。

miime(ミーム)

同じくコインチェック株式会社が運営しているNFTマーケットです。

こちらのリリースは2019年で、主にブロックチェーンゲームのアイテム専門です。

対応しているゲーム数も10以上あります。

nanakusa(ナナクサ)

項目内容
サービス開始2021年3月
チェーン対応ETH、POLYGON
販売方式固定額販売、オークション形式
販売手数料7.5%
二次流通の手数料クリエイター設定可能(nanakusa手数料2.5%)
コラボ収益分配

株式会社スマートアプリが運営しているNFTマーケットです。
日本国内でデジタルアートや写真の取扱数は一番多いです。
他にもブロックチェーンゲームのアイテムやNFTトレカも取扱っており、種類は日本国内では現時点で一番多いです。

海外のNFTマーケット

海外マーケットのオークションでは、落札額が何十億円という高額な取引もされています。

  • opensea(オープンシー)
  • Ralible(ラリブル)
  • NFT Studio(NFTスタジオ)
  • XANALIA(ザナリア)
  • MakersPlace(マーケットプレイス)
  • Nifty Gateway(ニフティゲートウェイ)

opensea(オープンシー)

項目内容
サービス開始2018年
チェーン対応ETH、POLYGON
販売方式固定額販売、オークション形式
販売手数料2.5%
二次流通の手数料10%
コラボ収益分配

Ralible(ラリブル)

項目内容
サービス開始2019年10月
チェーン対応ETH
販売方式固定額販売、オークション形式
販売手数料2.5%
二次流通の手数料30%
コラボ収益分配

Nifty Gateway(ニフティゲートウェイ)

項目内容
サービス開始2018年
チェーン対応ETH
販売方式固定額販売、オークション形式
販売手数料なし
二次流通の手数料10%
コラボ収益分配

まだまだスタートしたばかりのマーケットなので、安く買って高く売るというせどりも可能です。