仮想通貨の利益は株やFXなどと違って累進課税が適用されます。

確定申告が必要な金額は…
利益 ー 経費 = 年間20万円以上

仮想通貨の税金

まず始めに、仮想通貨投資をするにあたって税金がどのくらいかかるのか?を解説していきます。

株やFXなどは分離課税と言って、利益に対してかかる税金は給与所得とは別に計算されます。
所得税15%+住民税5%=合計20%で一律です。

一方、仮想通貨にかかってくる税金は給与所得と合算して課税されます。
累進課税と言って、所得が多くなればなるほど税金も高くなります。

最大で所得税45%+住民税10%=合計55%です。

下記の表が課税所得金額別の税率です。

課税所得金額は、扶養控除など色々な控除が引かれた後の金額です。

日本の仮想通貨に対する税金は高い高いと言う声もよく耳にしますが、
仮想通貨の利益+給与所得=700万円以内であれば、株やFXと同じ税率になります。

数百万円という利益を出さない限り、日本人の平均所得から見ても一概に高すぎるという訳ではなさそうです。

仮想通貨利益の課税対象

仮想通貨投資において課税対象になる利益はどのタイミングかをしっかりと確認しておかなければいけません。

知らないで脱税!ペナルティで追加で税金を支払うといったことも大いにありえます。

仮想通貨を売却した時

購入した仮想通貨の価格が上がって 売却した場合は所得になります。

計算方法
売却額 ー 1コイン単価の取得額 × 数量 = 所得額

仮想通貨で決済した時

仮想通貨で商品やサービスを購入す る時は、支払いしたタイミングで所 得が発生します。

計算方法
商品価格 ー 1コイン単価の取得額 × 数量 = 所得額

仮想通貨で他の仮想通貨 を購入した時

ビットコインでイーサリアムを購入 する時など仮想通貨同士の交換も所 得の対象になります。

計算方法
「購入する仮想通貨の時価」 ー 「売却する仮想通貨の取得価額」 = 「所得額」

その他の方法で仮想通貨 を取得した時

1.ボーナスやエアドロップで通貨を取得 ・ハードフォークで新しい通貨を取得した時

基本的に取得価額は0円で計算して、 売却時に売却総額がそのまま所得になります。

2.マイニングの報酬で仮想通貨を取得 ・ステーキング報酬で仮想通貨を取得した時

基本的に取得した時の 仮想通貨の時価が所得になります。

仮想通貨投資で使える経費

利益が出てもそれまでに使っている経費を差し引くことによって節税することが可能です。

僕は税理士の資格を持っているわけでもないので、あくまでも参考にして下さい。

電子機器

仮想通貨の取引で使うパソコンやスマホ端末の費用。

仮想通貨以外にも利用している場合は、全額経費にするのは難しいと言えます。

通信費・電気代

取引で利用したインターネットの通信費や電気代、スマホの通信費など。

こちらも、取引以外にも利用している分を考慮して一部のみ経費に算出することが出来ます。

セミナー代・書籍代

知識取得のためのセミナー代や会場までの往復交通費、購入した本や雑誌代。

全額経費に出来ます。

手数料

売買時に発生した手数料は全額経費。

会計ソフト

確定申告のために利用した会計ソフト代も全額経費。

会議費・交際費

情報交換のために開催した会議や食事会なども全額経費に出来ます。

証拠を残しておきましょう。