シンママが主人公の漫画|読んだ感想とレビューまとめ

シングルマザーのひとり親を題材や主人公に設定している漫画をまとめてみました。

ボクは読んだことある漫画自体がそう多くはないので、今後少しずつ読んでいきたいなと思っています。
特に同じひとり親である立場なので、漫画で家庭の状況や気持ちが共感出来る部分もあって楽しめるのかなと感じます。

シングルマザーの恋は偽装結婚から始まる

発行巻数全11巻
著者渡辺くらこ

読んだ人の感想レビュー

とにかくシングルマザーがドキドキする展開が多くて、元旦那のトラウマに苛まれていながらも好きな人、優しくしてくれる人を好きになってその人のことを考えてしまうという恋愛をしている主人公を応援したくなります。
とにかく相手の男性もかっこよくて常に主人公を応援して支えようとしているのが伝わってくるのですごく良いです。

ママに王子は要りますか?

読んだ人の感想レビュー

シングルマザーって本当に大変!恋愛も純粋に独身のときのようなゆったりした恋愛を楽しめるわけじゃないから、ドタバタ感が半端ないです!シングルマザーの大変さなどリアルな現状が描かれていて面白いです。
私もシングルマザーだった頃があるので、頼るところがなくて、どうしようというシーンも「わかるー!」と思いながら見ています。

おはようを君と言いたい

シングルマザーである主人公の京香は息子の郁と仕事の両立に悩んでおり、ベビーシッターを雇うことになりました。
ベビーシッターとして派遣された晴はとても好青年で京香は好感をもちますが、晴には暗い過去もあって…。
「男は仕事、女は家事」という古い考えに偏った元夫も京香の育児に口を出してきてきたりと、京香が様々な体験を通じて、子育てとは、家族とは、を考える作品となっています。

おそうじします!

夫が浮気し、浮気相手が妊娠したことが原因で、離婚した主人公みのり。
仕事に困っていたところを高校時代の友人が立ち上げたハウスクリーニング会社に誘われ、元々掃除が得意だったみのりは、いろんな家庭での掃除をどんどんこなしていく物語です。
普段の掃除に役立つような掃除テクニックも描かれていたりして、とても参考になりました。
夫ははじめからクソな旦那でしたが、読み進めていく毎にさらにクソさが増していきます。
また、浮気相手もひどい女で、お互い様な感じがとても強く、純粋で人が良さそうな主人公がなぜこんな男と結婚したのかはなはだ疑問を感じます。

元貴族令嬢で未婚の母ですが、娘たちが可愛すぎて冒険者業も苦になりません

主人公の女剣士シャーリーは、凄腕の冒険者。
「白の剣鬼」の二つ名を持ち、凄まじい剣技をもつ上に、身体の復元能力のある半不死者でもある。
さらに、見目麗しい元貴族令嬢でもある。そんな完璧超人の行動原理は、ただ一つ。
10才になる双子の娘たち。娘たちと一緒に過ごす時間を大事にするために、冒険者として忙しくなる昇格を断り続けたり。娘からのプレゼントを取り戻すためだけにモンスターの大軍を殲滅したり。娘達の病気を直すためだけにドラゴンを瞬殺したり。全ては溺愛する娘たちのため、未婚の最強母が巻き起こす規格外の活躍が楽しめます。

日南子さんの理由アリな日々

主人公の日南子は30代のシングルマザー。ひとり親を主人公にした作品自体はたくさんありますが、この作品の特色は、『日南子は女子高生の娘がいる母親』とは思えないほどの童顔なため、20代といつわってアルバイトをしていることと、同居する女子高生の娘にはすでに赤ちゃんがいて、日南子は30代のシングルマザーにして30代の祖母でもあることでしょう。
上記の設定の作品が、作者の水沢めぐみ先生特有のほんわかしたタッチの絵柄で物語が進んでいくところが独特の世界観を生み出している、おすすめの作品です。
日南子を独身20代女性だと思い告白してきた男性は人気イケメンモデルで…といった女性向け作品ならではの夢のある展開(当の日南子は、本当の自分のプロフィールがバレないかヒヤヒヤしていますが…)もフィクションとして堪能できました。

おひとりさま母さん

おひとりさまで子供を産むことになった漫画家の主人公のナナオがひとりで子供を育てる様子は読んでいて心配になる程。ひとりで育てるには精神力、体力も必要だけど、何よりお金がかかる‥‥!
そこをどうやって乗りこえて行くのか気になるお話し。純粋無垢な娘ミライのイタズラが微笑ましいけど、精神力をごりごり減らされて行くのがわかるので、めちゃくちゃ共感できます。
思わずナナオを応援したくなるお話しです

いいね!はこちらをポチってね

にほんブログ村 子育てブログ シングルパパ育児へ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる