仮想通貨ウォレットMetaMask(メタマスク)の設定手順

Google chromeでの設定手順です。
パソコンからアクセスしましょう。

  1. Chrome拡張機能に追加
  2. ウォレット新規作成
  3. シードフレーズのバックアップ
  4. セットアップ完了

パソコン操作に慣れている人であれば、設定完了までにかかる時間は10分くらいです。

それでは、画像付きで設定の順番に解説していきます。

目次

メタマスクの設定手順を画像付きで解説

Chrome拡張機能に追加

こちらのページにアクセスして、メタマスクをChromeの拡張機能に追加します。
chrome ウェブストア拡張機能「MetaMask」

ウォレット新規作成

Chrome拡張機能に追加すると、自動でウェブページが開かれます。
「はじめる」をクリックして、新規ウォレットを作成します。

パスワードは、必ず控えておきましょう。
銀行のキャッシュカードと同じような感覚ですね。

シードフレーズのバックアップ

このシードフレーズが非常に重要です。
シードフレーズを忘れてしまうと、最悪な場合、仮想通貨が引き出せずに全て電子ゴミになります。
また、絶対に人には教えないこと、他人に聞かれても答えないことです。
紙やラベルも書いて、金庫にしまっていても良いですね。

前のページで表示されていた英語の単語を順番に入力していきます。

sううbうべうべ

全ての内容確認が終わったら、「確認」をクリックします。

セットアップ完了

この画面が表示されれば、セットアップ完了です。
赤丸のところをクリックすると、ウォレットアドレスがコピーされます。

メタマスクの設定手順まとめ

これから、仮想通貨を利用したゲームやサービスがたくさん出てくると思われます。
メタマスクは、利用者も世界最大のウォレットサービスなのでこの機会に設定しておいて損はありません。

必ずパスワードとシードフレーズのバックアップだけは忘れずにやりましょう。
スクショやパソコン、スマホに保存しておくのも危険です。
マニュアルで、紙に手書きして保存しておきましょう。
また、絶対に他人に教えないことです。

いいね!はこちらをポチってね

にほんブログ村 子育てブログ シングルパパ育児へ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる