ANAマイルでホテルを予約する時にSKYコインと楽天ポイントどちらが得なのか調べてみた

ANAマイルの使い方として、航空券以外にホテル宿泊にも利用できます。

ANAマイルの使い道~SKYコインへ交換

まずはじめにANAマイルの使い道のうちの一つであるSKYコインへ交換ができます。

SKYコインは、国内線航空券、国際線航空券の支払いの他に旅行ツアーやホテルでも利用できます。

対象国内旅行商品
・ANAスカイホリデー(国内パッケージツアー)
・ANAダイナミックパッケージ旅作(航空券+宿)
・ANAマイレージクラブ会員限定ツアー
・WEB限定ツアー
※ホテル、レンタカー、オプションは対象外です。

対象海外旅行商品
ANA ワンダー アース(海外パッケージツアー)
ANAハローツアー(海外パッケージツアー)
航空券+宿泊「ANA旅作」
ANAマイレージクラブ会員限定ツアー
WEB限定ツアー(「ホテル&送迎パック」含む)
※ホテル、レンタカー、オプションは対象外です。

ホテルは対象外と記載がありますが、パッケージツアーで航空券の手配なしを選択すれば

ホテルのみの予約が可能です。

ANAマイルの交換レート

ANAマイル→SKYコイン

ANAマイルをSKYコインに変えて、1コイン=1円で利用できます。

交換レートはマイレージクラブのステータスによって変わります。

1倍~1.7倍で交換が可能です。

陸マイラーでは、ANA VISA ワイドゴールドカードのクレジットカードを

作ることで、最大1.6倍で交換できます。

ANAマイル→楽天ポイント

ANAマイルは楽天ポイントに、1マイル=1ポイントで交換出来ます。

レートでみると、SKYコインのほうが圧倒的に有利ですね。

サイト別のホテル料金の比較

ANAマイルを使ってホテルを予約する方法は、

・ANAホームページから予約する

・楽天トラベルから予約する

の2つのサイトが利用できます。

上記で説明した交換レートでは、ANA SKYコインへ交換したほうが

メリットがあることは分かりました。

次にANAホームページの料金が、楽天トラベルに比べて1.6倍高かったら

意味がないので、各サイト間でホテルの料金に

差がないのかどうか調査してみました。

今回の調査対象のホテルは、

子供が喜ぶ国内のおすすめリゾートホテルを参考にさせていただきました。

検索条件:大人2名・子供2名(5歳、11歳)、2泊3日旅行

ホテル:北海道シャトレーゼ ガトーキングダム サッポロ ホテル&スパリゾート

時期:6月

部屋タイプ:デラックスツイン洋室

食事:朝食付きプラン

・布団/食事4名分の場合

ANAスカイホリデー 103,200円

楽天トラベル 81,000円

・布団3名/食事3名分の場合

ANAスカイホリデー 78,900円

楽天トラベル 65,800円

次に東京からの航空券付きプランで調べてみます。





・布団/食事4名分の場合

ANA旅作 162,400円

ANAスカイホリデー 192,600円

楽天トラベル 147,600円

・布団3名/食事3名分の場合

ANA旅作 134,400円

ANAスカイホリデー 145,100円(幼児1名航空券は別途)

楽天トラベル 147,400円

ホテルだけを予約する場合は、楽天トラベルのほうが圧倒的に安いです。

航空券付きホテルで予約する場合は、ANA旅作が一番安いです。

ANAスカイホリデーの宿泊プランは子供料金の設定が

少し高めだと感じました。

しかし、ANAマイルをSKYコインに1.6倍で変えるとなると

ANAのほうが安くなります。

また、関東甲信越、東北地方で検索してみると

ANA国内ツアーでは選択できるホテルが少なくて

あまり出てきませんでした。

まとめ

・マイルを使って旅行するならANA旅作が一番安い。

・ホテルの数は楽天トラベルのほうが多い。

・時期や泊まりたいホテルによって、予約方法を変えるのが良い。

①ホテル+航空券 楽天トラベル

②ホテル+航空券 ANA国内ツアー

③ホテル 楽天トラベル、航空券 ANAマイル

例えば、年末年始やGWなど繁忙期シーズンだと航空券やホテル代も

高いので航空券は特典航空券で取って、ホテルは楽天トラベルで取った方が

安くなる場合があります。

・子供がいる場合は、ホテルによって子供料金の設定が違うので、

航空券とホテルを別々にしたほうが安くなる場合がある。

“趣味がマイル貯めることになってきてしまったよ。”