我が家にも取り入れたい子供のお小遣い制度①外貨であげる

子供に対してお金の教育は特に意識していきたいと考えています。日本の義務教育では全然学ばないというのは残念ですが、そのような社会ですので親が教えるべきです。

わが娘は3歳なのでおこづかいをあげるにはまだ早いのですが、これまでネット徘徊や読書を通じてお小遣い制度で良いなと感じたものをシリーズにして紹介していきたいと思います。

日本円ではなく米ドルであげます。

子供は米ドルで受け取っても日本でそのまま使えません。
すると子供はまずもらった米ドルを日本円に換金することを学びます。
最初は子供へ主な換金方法を教えてあげましょう。

・親に換金してもらう。
・ネットバンキングで換金する。
・銀行や金券ショップで換金する。

始めは親が換金してあげるのが良いでしょう。

換金する時には為替レートが関係してきますので、子供もだんだんと調べるようになります。
為替は常に変動しているので、子供も換金するタイミングを学んでいきます。
例えば1ドル100円だった時に換金出来ていたものが、1ヶ月後には1ドル110円になっているかもしれません。
子供が自分で必要な金額を計算して、タイミングをみて換金するようになるとベストです。

為替レートの勉強になりますし、日本だけではなく世界に視野を広げるきっかけにもなります。
世界経済にも興味を持つ可能性もありますね。

“お小遣い制度は各家庭色々な方法があるけど大切な教育よね。”

いいね!はこちらをポチってね

にほんブログ村 子育てブログ シングルパパ育児へ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる