【チャート診断】シングルファザーの転職活動|理由別仕事探しの流れを解説

ひとり親(シングルファザー、シングルマザー)は仕事と家庭を両立しなければいけません。
実家など家族のサポートを受けられる場合もありますが、あまり頼りすぎるのも良くないですし、いつまでも続くわけではありません。

そこで、家庭の状況によっては仕事を変えなければいけないことも出てきます。
どのようにして転職を進めれば良いのか具体的な方法をまとめました。

目次

ひとり親の転職活動の進め方

簡単な転職診断チャートを作ってみました。
どんな対策方法を取れば良いのかご参考にしてみて下さい。

転職をする理由

まず始めに転職をする理由と問題点を明確にする必要があります。
シングルファザーやシングルマザーの転職理由として考えられる問題点を挙げてみると

  • 時間が合わない

家事や育児をするのに残業が多かったり、会社まで遠いため通勤時間が長くて子供との時間が少なくなってしまうと辛いです。
もっと自分の生活にあった仕事や会社に転職した方が良いですよね。

  • 休みが合わない

子供の学校はカレンダーの暦通り土日祝日がお休みなので、ひとり親の場合は子供と休みは出来る限り合わせたいですよね

  • 給料が低い

子供の年齢が上がっていくに連れて習い事などの教育費や娯楽費の負担も大きくなっていきます。
毎月赤字の家計では困ってしまいますね。

  • 会社が嫌い

社内の人間関係や業務内容に日々ストレスを感じていると、意識せずとも子供にも悪影響を与えてしまいます。

  • 他の仕事がしたい

昔から気になっている仕事をいつかしたい。
ゆくゆくは独立して起業をしたい。フリーランスとして働きたい。
と考えている人もいるかと思います。

他にもあると思いますが、なぜ転職する必要があるのか理由をはっきりさせましょう。

転職する必要性

転職をする理由がはっきり分かったところで、次に考えることは「今の会社に満足しているかどうか」です。

今の会社に満足している人

満足している場合は、今の会社で働き続けることが理想ですよね。
まずは会社へ相談してみましょう。もしかしたら問題が解決出来る可能性もあります。

会社に相談するのはちょっと…という人は自分で解決できる問題もあります。

例えば、時間に関する問題は家事代行サービスで解決する場合もあります。

給料が低い問題は、まず家計を見直して支出を抑えたり副業をすることで解決出来るかもしれません

転職を考えるのは、それでも解決できなかった後で良いのです。

今の会社に満足していない人

もし今の会社に満足していない場合は、なぜそうなのかを明確にしましょう。
人間関係、将来性、給料、プレッシャーなど、どこに問題があるのか?
明確にすることで転職活動もスムーズに進めていくことが出来ます。

転職活動と退職はどちらが優先?

子供や家庭の状況にもよりますが、ひとり親(シングルマザーやシングルファザー)の場合、出来ればギリギリまで働きながら転職活動を進めたいところです。

ただしこのような場合には、すぐに辞めたほうが良いでしょう。

  • 残業が多すぎる
  • 休日に休めない
  • 強いストレスを感じる

ひとり親家庭では、子供のことが最優先です。
全て子供に影響してくるので、このような状況の人はすぐに辞めたほうが良いです。

勤務状況によりますが、すぐに受けられる補助金制度もあります。

また、退職の意向を会社へ伝えたのに辞められない人、言いづらい人は退職代行サービスを利用するのも良いでしょう。

ひとり親の転職活動方法

まず転職活動にはどのような方法があるのかをご紹介します。

  • 転職サイト
  • 転職エージェント
  • ハローワーク
  • 企業へ直接応募
  • リファラル採用(紹介など)
  • ヘッドハンティング
  • ダイレクトリクルーティング

ひとり親の転職先の選び方

では転職することを決意してから具体的にどのように仕事探しを進めて行けば良いのでしょうか?

まずは「転職する業種」によって活動内容が変わってきます。

転職する業種が未定の人

まだどんな業種に転職するか決まっていない場合は、どんな業種で働くのが良いのかを考えてみましょう。

なかなか自分では決められない人は、総合転職エージェントの利用がオススメです。
自分のスキルや経験に合った仕事を見つけやすいです。

転職する業種が決まってる人

ある程度、業種が決まっている人は転職先の仕事が全く新しいことなのかどうかを考えてみてください。

・現在と同じ業界かどうか。
・転職する業界経験の有無。

転職する業種が決まっている場合は、それぞれの業種に強い専門の転職エージェントを利用することをオススメします。

また、年収600万円以上の人は「ハイクラス転職」がオススメです。
出来れば収入も維持しながら自分に合った仕事を見つけたいですよね。

同じ業種の転職活動は一番スムーズに進めることが出来ます。
あとは自分の条件に合う会社が見つかるかどうかだけです。

もし未経験の業種へ転職を希望する場合は、教育給付金を利用してまずスキルを身につけることも出来ます。
最近ではITやプログラミング業界に行く人も多いですね。
こうした補助金を利用して新しい業種にチャレンジすることも可能ですし、フリーランスの道もあります。

ひとり親の転職活動の進め方まとめ

共働き家庭も増えてきており、働き方改革などの施策も多少は効果が出ているようです。
今後は、IT化が進むにつれて子供と過ごす時間を確保するために仕事を変えるのは増えていくはずです。

でもどうせなら好きなことや興味のある仕事がしたいですよね。

いいね!はこちらをポチってね

にほんブログ村 子育てブログ シングルパパ育児へ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる