無料のノーコード開発ツール「Glide」スタートマニュアル

まず始めにノーコード開発ツール「glide」で作成したデータはGoogleドライブ内のGoogleスプレッドシートに保存される仕様になっているため、Googleドライブやスプレッドシートを利用するためにはまずはGoogleアカウントが必須です。

ここから先のglideのアカウント開設の説明については、Googleアカウントは保有している前提で解説しております。英語のページですが、簡単なのでアカウント開設自体は数分で出来ます。

目次

ノーコード「Glide」の始め方

Glideを使うにあたって、まずはアカウントが必要です。
アカウントの開設は1分もあれば出来るので、下記の流れで簡単に出来ます。

アカウント開設

GlideのHPへアクセス

こちらの公式サイトへアクセスして、右上に表示されている「サインアップ」をクリックします。

Googleアカウントで登録する

サインインをクリックすると次のページに移るので、Googleアカウントでサインアップをクリックします。

こちらの画面が表示されたらアカウント開設が完了です。

ノーコード「Glide」の利用料金は?

基本的に無料でも利用できるのですが、有料プランにすることによって利用範囲が広がります。
有料プランでは、例えば以下のような制限が緩和されます。

  • ストレージ容量が増える。
  • データ編集可能数が増える。
  • 独自ドメインを取得出来る。

無料プランと有料プランの違いについて、下記の記事で詳細を解説しています。

ノーコード「Glide」の使い方

ノーコードglideの使い方を学ぶにあたって、いくつか出版されている本を紹介します。

いいね!はこちらをポチってね

にほんブログ村 子育てブログ シングルパパ育児へ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる