幼児無償化によって市川市の認可外保育料の補助金が増える!

幼児教育・保育の無償化を実施する改正子ども・子育て支援法は

5月10日の参院本会議で、与党などの賛成多数により可決、成立しました。

以前から話題になっている幼児教育の無償化は、今年の10月から始まります。

これによって、3歳~5歳までの子供は、幼稚園、保育所、認定こども園の費用が

無償化されます。

世帯の所得制限はないので、全世帯が対象です。

では、認可外保育園の場合はどうなるのでしょうか?

市川市では、現在認可外保育園に通って一定の条件をクリアしている場合は、

補助金がもらえます。

今回の10月以降の幼児無償化に伴い、補助金の金額が変わります。

市川市は待機児童数が全国トップ3に入るんだから

本音はもっと金額を上げてほしいところですね。

3歳~5歳に関しては、10,200円から37,000円とプラス26,800円になります。

大幅に補助金が上がります。

目当ての認可外保育園に入りたいという方にはとてもありがたいですね!

我が家もキッズデュオインターナショナルを再検討したいと考えております。

なお、幼児無償化の対象となる世帯は、「保育の必要性がある」世帯のみです。

補助金の給付を受けるためには、「保育の必要性の認定」を受ける必要があります。

それにしても、自治体によってこの補助金が変わるのもなんとかならないかなー

と市川市に住んでいるボクは思ってしまいます。

“無償化よりもやっぱり幼児教育の質をあげるほうが良かったんじゃないかな。”



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする