長期間使わない妻の洋服を空調設備のある環境で保管できるサービスを利用してみた

子供の洋服や物も増えてきたので、クローゼットを少し整理しました。

妻の洋服が大量にあるので、妻のお母さんやお姉ちゃんにも

使うものは持っていってもらいましたが、まだまだあります。

 

衣装ケース約4つ分とハンガーにかかっているのが15着程度。

 

処分するのも嫌だし、

娘が大きくなったときのために残しておきたい。

むしろ着て欲しい。

 

でもクローゼットに置いておくとやはり湿気が気になって

カビてダメにするのも嫌なので、空調設備のある

コンテナハウスにでも 保管しようと考えて実際に利用してみました。

今回、利用したのは「サマリーポケット」というサービスです。

スマホで荷物を管理できる収納サービスで、洋服以外でも

本やCD、レコード、食器、家電など色々なものを預けることが可能です。

サマリーポケットの使い方

荷物の集荷・管理・取り出しが全てスマホから操作が可能です。

サマリーポケットの利用料金と保管料金

初期費用は無料ですが、預けている期間の保管料がかかります。

料金はプランによって異なりますが、全部で3つあります。

最安値は月額250円~利用できます。

コンテナハウスを借りるより全然リーズナブルですね。

利用目的別のオススメのプラン

スタンダードプラン

こんな人にオススメ!
・洋服をハンガーにかけて保管したい
・保管した荷物を1点1点写真で管理したい
・保管中にクリーニングに出したい
・ヤフオク!に出品したい

こちらのプランのみオプションサービスが利用できます。 

エコノミープラン

こんな人にオススメ!
・長期間利用する予定がない
・とにかくたくさんの荷物を保管したい

ブックスプラン

こんな人にオススメ!
・本が大量にあるので保管したい

保管環境はどうなの?

自分もコンテナハウスなどの保管サービスは利用したことが

なかったので、少し不安はありましたが

運営している会社は、「寺田倉庫」です。

寺田倉庫は、ZOZO社の前澤友作元社長が、123億円で落札したと話題になったバスキアの作品が預けられているのが寺田倉庫です。

貸し倉庫の老舗・寺田倉庫のノウハウにより、温度・湿度のコントロールを24時間365日(1日3回のチェック)実施し、カビの発生しにくい保管環境を常に保持しています。
また入出庫の際の急激な気温の変化を避けるため、季節により温度・湿度を変更しております。

保管温度:10~28℃
保管湿度:40~65%

サマリーポケットHP参照

自宅で保管するよりは良い環境と言えるでしょう。

とりあえず衣装ケースに入っている洋服は、

エコノミープランのラージサイズ2箱に入れて保管しました。

ハンガーにかかっている洋服は、一度クリーニングに出してから

スタンダードプランのハンガー保管で置いておこうと思います。

 

“自宅に保管しなくなるのは少し寂しいけど良い状態で娘にあげたいから。”



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする