東京から大阪へのアクセス|飛行機と新幹線のコスパを比較

LCCの普及によって航空券の値段が非常に安くなりました。

2045年にはリニアモーターカーが大阪まで開通される予定で最速67分で東京から大阪へのアクセスが可能になる予定です。

今回は東京から大阪へのアクセスで飛行機と新幹線を利用する場合にどちらのほうがコスパが良いのか運賃と時間を比較してみました。

目次

大阪府の主要駅

まず大阪の主要駅はJR東海道線の大阪駅です。

また大人気の遊園地ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのあるのがユニバーサルシティ駅です。

この2つの駅までのアクセスで調査することにしてみます。

新幹線

東京駅から大阪駅まで

東京駅→新大阪駅→大阪駅 所要時間:約2時間半

  • のぞみ利用で往復27,740円 
  • 日本旅行のホテルパック利用で往復23,620円

東京駅からユニバーサルシティジャパンまで

東京駅→新大阪駅→梅田/大阪駅→西九条駅→ユニバーサルシティ 所要時間:約3時間

  • のぞみ利用で往復27,740円 
  • 日本旅行のホテルパック利用で往復23,740円

日本旅行のホテルパック料金は最安値なので希望する日程や新幹線の時間帯によって、プラス3,000円~の追加費用がかかります。

また選択する宿泊先の施設によっても値段が変わります。

飛行機

飛行機の場合は、羽田空港発のANAやJALのようなFSC(フルサービスキャリア)の他にLCC(ローコストキャリア)があります。FSCは羽田空港発のANAで、LCCは成田空港発のため分けて調べました。

東京駅から大阪駅まで

【ANA】東京駅→羽田空港→伊丹空港→大阪駅 所要時間:約4時間

  • ANA利用で往復 約45,000円~
  • マイル利用で往復 約22,000円~ UA11,000マイル、ANA12,000マイル~

【LCC】東京駅→成田空港→関西国際空港→大阪駅 約6時間

  • LCC利用で往復 約8,000円~

東京駅からユニバーサルシティジャパンまで

【ANA】東京駅→羽田空港→伊丹空港→大阪駅→ユニバーサルシティ 所要時間:約4時間半

  • ANA利用で往復 約45,000円~
  • マイル利用で往復 約22,000円~ UA11,000マイル、ANA12,000マイル~

【LCC】東京駅→成田空港→関西国際空港→大阪駅→ユニバーサルシティ 約6時間半

  • LCC利用で往復 約10,000円~

航空券の運賃は時期や航空会社によっても変わります。キャンペーンやセール時には更に安い値段で購入が出来ます。

必要なマイル数はシーズンによっても変わりますが、1マイル2円で計算しています。

まとめ

これまで比較してきた内容をまとめてみます。目的地は、ユニバーサルスタジオジャパンではなくて大阪駅。運賃と時間を計算してみると・・・

東京駅から大阪駅までのアクセスで最安値は、
LCC利用飛行機:約8,000円で所要時間は約6時間・・・1時間当たり約1,300円

成田空港まで近い人や激安でチケットが取れた人、飛行機に乗りたい人には良さそうですね。 ただこの時間をかけて行くのであれば深夜バスもおすすめです。

東京駅から大阪駅までのアクセスで所要時間が一番短いのは、 
新幹線:約24,000円で所要時間は約2時間半・・・1時間当たり約9,600円

最終的にやはり新幹線が一番コスパが良いのではということに落ち着きました。時間かけて調べた割に普通の結果だったのでなんだか拍子抜け・・・

東海道新幹線のお得な乗り方については過去の記事をご覧ください。

あわせて読みたい
東海道新幹線は宿泊パックがお得!さらに裏技利用で東京↔️京都間が最大25%割引!
東海道新幹線は宿泊パックがお得!さらに裏技利用で東京↔️京都間が最大25%割引!妻の実家へ行くときに東海道新幹線を利用します。出張で行くこともありますが、なるべく費用を抑えるためにどの方法が一番お得なのか?何回か利用するうちに、だいたい...

 

 

“自粛ムードが終わって早く飛行機乗りたいな。”

いいね!はこちらをポチってね

にほんブログ村 子育てブログ シングルパパ育児へ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる