【国内線で比較】ANAマイル、JALマイル、ユナイテッドマイル一番お得なのは?

それぞれの航空会社によってマイレージサービスは違います。

こちらの記事では、国内線の必要マイル数と注意するべき内容について解説します。

目次

各マイルの国内線で利用可能な航空会社が一番多いのは?

ANAマイルでは、以下の航空会社の航空券にも交換が出来ます。
ただし、他社が運航する日本国内線コードシェア便は、ANA便名での予約のみが対象です。

全日本空輸(ANA)、AIRDO(エア・ドゥ)、IBEXエアラインズ、オリエンタルエアブリッジ、ソラシドエア、スターフライヤー

JALマイルでは、以下の航空会社の航空券にも交換が出来ます。

日本航空(JAL)、 日本トランスオーシャン航空(JTA) 、琉球エアーコミューター(RAC)、フジドリームエアラインズ、天草エアライン、ジェットスター・ジャパン

ユナイテッドマイルでは、以下の航空会社の航空券にも交換が出来ます。

全日本空輸(ANA)、AIRDO(エア・ドゥ)、ソラシドエア、スターフライヤー、アイベックスエアラインズ、オリエンタルエアブリッジ

2020年9月に改悪されて、日本国内線ではANA便以外には交換が出来なくなりました。

各マイルの国内線で対象路線数が一番多いのは?

まず、日本で空港がない都道府県は10箇所あります。
栃木県、群馬県、埼玉県、神奈川県、山梨県、岐阜県、三重県、滋賀県、京都府、奈良県

ANAとJALの日本国内にある空港は以下のとおりです。

日本航空(JAL)の国内空港

北海道エリア:新千歳空港、丘珠空港、利尻空港、女満別空港、旭川空港、釧路空港、帯広空港、函館空港、奥尻空港
東北エリア:青森空港、三沢空港、秋田空港、花巻空港、山形空港、仙台空港
関東・中部エリア:成田空港、羽田空港、新潟空港、松本空港、小松空港、静岡空港、中部空港、小牧空港
関西・中国・四国エリア:関西空港、伊丹空港、神戸空港、南紀白浜空港、但馬空港、隠岐空港、岡山空港、出雲空港、広島空港、山口宇部空港、徳島空港、高松空港、高知空港、松山空港
九州エリア:福岡空港、北九州空港、大分空港、長崎空港、熊本空港、天草空港、宮崎空港、鹿児島空港、種子島空港、屋久島空港、喜界空港、奄美空港、徳之島空港、沖永良部空港、与論空港
沖縄エリア:那覇空港、北大東空港、南大東空港、久米島空港、宮古空港、多良間空港、石垣空港、与那国空港

国内線117路線

全日本空輸(ANA)の国内空港

北海道エリア:新千歳空港、利尻空港、稚内空港、オホーツク紋別空港、女満別空港、旭川空港、根室中標津空港、釧路空港、帯広空港、函館空港
東北エリア:青森空港、大館能代空港、秋田空港、庄内空港、仙台空港、福島空港
関東・中部エリア:成田空港、羽田空港、中部国際空港、八丈島空港、静岡空港、新潟空港、富山空港、小松空港、能登空港
関西・中国・四国エリア:関西空港、伊丹空港、神戸空港、岡山空港、広島空港、岩国空港、山口宇部空港、鳥取空港、米子空港、萩・石見空港、高松空港、徳島空港、松山空港、高知空港
九州エリア:福岡空港、北九州空港、佐賀空港、大分空港、熊本空港、長崎空港、対馬空港、壱岐空港、五島福江空港、宮崎空港、鹿児島空港
沖縄エリア:那覇空港、宮古空港、石垣空港

国内線123路線

ユナイテッドマイルで利用できる航空会社は、日本国内線ではANA便だけなので、ANAと同じということになります。

ANAマイルだけはシーズンごとに必要マイル数が違う

ANAマイルだけは、1年間を3つのシーズンに分けて必要なマイル数を設定しています。

2021年のシーズン期間は以下のとおりです。

  • L(ローシーズン):1/5~2/28、4/1~4/27、12/1~12/24
  • R(レギュラーシーズン):3/1~3/11、5/10~8/5、8/23~11/30
  • H(ハイシーズン):3/12~3/31、4/28~5/9、8/6~8/22、12/25~12/31

もちろん旅行者が一年の中でも多いような、ゴールデンウィークや夏休み、年末年始、春休みは一番高いシーズンに設定されています。
逆に少ないシーズンの年始明けから春休みの間や、ゴールデンウィーク前、年末休み前などは安いシーズンに設定されています。

一方のJALマイルとユナイテッドマイルは、時期に関係なく必要マイル数は一律に設定されています。

各マイルの国内線必要マイル数

各マイル会社の東京(成田、羽田)発の片道で必要なマイル数です。

ANAマイルは、前項でも説明した通りシーズンによって必要なマイル数が変動します。

マイルで交換した特典航空券以外にかかる費用

ANAマイルは、国内線旅客施設使用料がかかるようになります。
2021年10月31日以降搭乗分に適用します。ただし2021年8月29日以降に発券された航空券です。

大人1名につき、100円〜450円で利用する空港によって変わります。
国内線旅客施設使用料(PFC)のご案内

JALマイルで交換した特典航空券は、他にかかる費用はありません。

ANAマイル、JALマイル、ユナイテッドマイル一番お得なのは?

各マイルの情報を一覧にまとめました。

航空会社ANA(全日空)JAL(日本航空)ユナイテッド航空
マイル有効期限3年間3年間無期限
必要マイル数5,000〜11,500マイル6,000〜10,000マイル5,500〜8,800マイル
就航路線数117路線123路線123路線
特典利用者二親等以内の親族まで二親等以内の親族まで制限なし
マイル購入

利用する空港や目的地にもよって変わりますが、総合的に見るとユナイテッドマイルが一番お得なのではないでしょうか。
ユナイテッドマイルを貯めるには、マイレージプラスカードが一番お得に貯められます。

いいね!はこちらをポチってね

にほんブログ村 子育てブログ シングルパパ育児へ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる