楽天経済圏でもメインカードはマイレージプラスセゾンを使う7つの理由

ボクがこれまでに利用してきたゴールドカードは6種類あります。

  • dカードGOLDカード
  • 楽天ゴールドカード
  • 楽天プレミアムカード
  • イオンゴールドカード
  • ANA VISAワイドゴールドカード
  • ANAアメックスゴールドカード

この中で現在でも利用しているのは、イオンゴールドカードと楽天プレミアムカードの2つのみです。
イオンゴールドカードは、年会費無料です。
楽天プレミアムカードは、主に楽天でお買い物をする時にだけ利用しています。

楽天経済圏で生活している場合、楽天プレミアムカードをメインに利用するのが普通ですが、ボクがメインにしているクレジットカードは、「マイレージプラスセゾンカード」です。

目次

マイレージプラスセゾンカード基本情報


まず始めに、マイレージプラスセゾンカードの基本情報です。

マイレージプラスセゾンカードは、大手クレジットカード会社の「クレディセゾン」がアメリカの航空会社「ユナイテッド航空」と提携して発行しています。

ユナイテッド航空は、世界最大級の航空連合「スターアライアンス」に加入しています。
世界各国20を超える航空会社が加盟しており、ANA(全日空)もそのうちの一つです。

マイレージプラスセゾンカードの種類

マイレージプラスセゾンカードは3種類のカードがあります。
それぞれの特徴を解説していきます。

MileagePlusセゾンカード

  • 年会費:1,650円(税込)
  • 還元率:0.5%(利用金額1,000円につき5マイル)
  • ブランド:AMEX、VISA、Master
  • 海外・国内旅行傷害保険:最高3,000万円
  • 獲得マイル上限:年間30,000マイル

オプションで「マイルアップメンバーズ」というサービスがあります。
追加で年会費5,500円(税込)かかりますが、還元率は、1.5%になります。

MileagePlusセゾンゴールドカード

  • 年会費:22,000円(税込)
  • 還元率:1.5%(利用金額1,000円につき15マイル)
  • ブランド:AMEX、VISA
  • 2年目以降継続で,1500マイル(AMEX限定)
  • 海外・国内旅行傷害保険:最高5,000万円
  • ショッピング安心保険:物品の破損・盗難などの損害を購入日から90日間、1事故100万円まで補償
  • 獲得マイル上限:年間75,000マイル

MileagePlusセゾンプラチナカード

  • 年会費:55,000円(税込)
  • 還元率:1.5%(利用金額1,000円につき15マイル)
  • ブランド:AMEX、VISA
  • 2年目以降継続で5,000マイルプレゼント
  • 海外・国内旅行傷害保険:最高1億円
  • ショッピング安心保険:物品の破損・盗難などの損害を購入日から90日間、1事故500万円まで補償
  • ユナイテッド航空運航便の優先搭乗
  • ユナイテッドクラブ利用パス
  • Tablet® Hotels 永年無料(AMEX限定)
  • 手荷物無料宅配サービス(AMEX限定)
  • セゾンプレミアムゴルフサービス(AMEX限定)
  • 獲得マイル上限:上限なし

マイレージプラスセゾンカードを使う7つの理由

マイレージプラスセゾンカードにはとても魅力的なサービスがあるので、順番にご紹介していきます。

還元率が高い

通常の還元率は、0.5%とそう高くはありません。
マイレージプラスセゾンカードには、オプションで「マイルアップメンバーズ」というサービスがあります。
追加で年会費5,500円(税込)かかりますが、還元率は、1.5%になります。

ショッピング利用1,000円(税込)につき15マイルが貯まります。

もちろんフライトでも貯まります。
スターアライアンス加盟航空会社を使ってもマイルが貯まるので、ANAを利用してもユナイテッドマイルが貯まるのです。

さらにこれはちょっとした裏技ですが、ANAマイルを利用して特典航空券に交換した場合には、マイルが付与されませんが、ユナイテッドマイルを登録しておくと貯めることが出来ます。

スマホ保険が格安

格安スマホの登場や総務省からの改善要請で毎月のスマホ代は、ここ数年でだいぶ抑えることが出来るようになりました。
しかし、スマホ端末の本体代は年々値上がりしています。
最近のiPhoneや最新Androidスマホも端末代が10万円超えが標準になってきています。

落として壊してしまったり、紛失してしまうと大ダメージですよね。
修理代に数万円…修理不可の場合は新しい端末に買い換えるのに10万円…

画面破損修理その他の修理
iPhone 12 Max39,380 円71,280 円
iPhone 12 Pro33,440 円65,780 円
iPhone 1233,440 円52,580 円
Apple公式サイト(2021年5月時点)

そこで、キャリアの補償サービスやApple Care+などの保険に加入するわけですが、月額1,000円近くの負担が必要です。
しかも修理代が無料になるわけではなくて有料です。
さらに言うと、保証は2年間という制限もあります。

Apple Care+加入時Apple Care+未加入時
画面破損修理3,700円39,380 円
その他の修理12,900円71,280 円
Apple公式サイト(2021年5月時点)

セゾンカードを持っている方限定のオプションサービスに、「Super Value Plus お買物安心プラン」という携行品保険があります。

こちらの保険のプランは、基本コース(年間保険料300円)と充実コース(月額保険料300円)の2種類ありますが、基本コースの場合は携帯電話・スマホは保険対象外です。

【充実コースの詳細】

  • 月額保険料:300円
  • 補償額:補償限度額10万円(現金等3万円)[自己負担額1,000円]

日本国内の外出中の破損や盗難時に補償されます。
中古品、オークション・フリマなどで購入したものは対象外という点は注意が必要です。

スマホ以外にもカメラやノートパソコンなども補償対象になります。
さらに、本人だけではなく家族のスマホも対象になるので、圧倒的にお得なわけです。

マイルの有効期限がない

国内大手航空会社のANAマイルやJALマイルには、3年間という有効期限があります。
一方、ユナイテッドマイルの有効期限は無期限なので、一度獲得したマイルは失効されません

いつの間にかマイルの有効期限が切れて失効してしまったということがなくなるのは大きなメリットです。

友人の航空券もマイルで取れる

ANAマイルやJALマイルは、本人と登録した家族のみの特典航空券にしか利用できません。
ユナイテッドマイルは、友人・知人など第三者名義の特典航空券に利用することも出来ます。

ANA航空券が格安で取れる

結論から言うと、ユナイテッドマイルはANA国内線の特典航空券が一番お得です。

ANAマイルを国内線の特典航空券に変えた場合の一覧表と比較してみます。

片道5,500マイルで国内線に利用できます。
必要マイル数は変動制になりましたが、まだまだお得と言えます。

さらにこれだけでは終わりません!
なんと1予約3フライトまで取れます。
例えば、羽田→稚内→札幌→大阪というフライトを予約しても必要なマイル数は同じです。
全てANA便(スターフライヤー)です。
もし通常航空券を購入した場合は、10万円を超えるでしょう。

燃油サーチャージ代が無料

国際線航空券を購入する際に加算される燃油サーチャージ代があります。
燃油サーチャージ代は、直近2か月間の燃油の値段の平均値で2ヶ月毎に見直しされます。
当然ですが、原油の価格が上がると燃油サーチャージ代も上がります。

路線ANA/JAL航空ユナイテッド航空
日本=欧州・北米・中東・オセアニア0円〜36,300円0円
日本=ハワイ・インド・インドネシアなど0円〜23,100円0円
日本=タイ・シンガポール・マレーシアなど0円〜19,800円0円
日本=ベトナム・グアム・フィリピンなど0円〜12,100円0円
日本=東アジア(韓国・モンゴルを除く)0円〜11,000円0円
日本=韓国・極東0円〜3,900円0円
燃油サーチャージ代(片道)

現在は、新型コロナウイルスの影響もあって安めに設定されておりますが、今後収束されることによって原油価格も上がっていくと予想されます。

マイレージプラスの特典航空券は、燃油サーチャージ代が無料です。

ユナイテッド航空はもちろんですが、ANAなどスターアライアンス加盟航空会社を利用する際にも無料です。

マイルの購入が可能

特典航空券に交換するのにあと少しだけマイルが足りない時などには、ユナイテッド航空の公式ページからマイルを購入することが出来ます。

マイレージプラスカードを保有している人はクレカで購入するといつでも10%オフで購入出来ます。
さらに定期的にキャンペーンセールも開催されており、最大100%還元(2倍)でマイルが購入できます。

例えば、40,000マイルを購入するとボーナス還元で40,000マイルが付与されます。
さらにクレカで購入するので、購入価格に対してもマイルが付与されるため2重取りが可能です。

ドル建てで購入するので為替レートの影響も出てきますが、100%還元キャンペーン時に購入した場合、
1マイルあたりの単価は約2円です。

MileagePlusセゾンカード

どのクレカを選びべきか?

通常カード、ゴールドカード、プラチナカードの違いについてまとめました。
利用可能額やサービスの充実度で選ぶ方法もありますが、年間獲得マイル数の上限数で選ぶのもひとつです。

各カードの年間利用額別で損益分岐点を計算したものがこちらです。

カード年間利用額
通常カード+マイルアップメンバー47万円以上〜199万円
ゴールドカード200万円以上〜499万円
プラチナカード500万円以上

いいね!はこちらをポチってね

にほんブログ村 子育てブログ シングルパパ育児へ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる