シングルファザーの仕事と勤務スタイルから理想の職種を5つピックアップしてみた

シングルファザーだけでなくシングルマザーも含めてひとり親の場合、子供や家庭のことをやりつつ仕事もしなければならない状況なのでやむなく転職を考えざるを得ないです。

幸いボクはサラリーマンですが勤務に関しては割りと融通が効くようになったので、しばらくは転職は考えておりません。
しかしいつクビになるかも分からないですし、数年先のことまでは不明確なので今のうちから自分の将来についても考えておく必要があります。

そこで比較的、時間や勤務スタイルに融通が効きそうな職種を調べてみたところ下記の5職種が良さげだなと感じました。

目次

時間と勤務スタイルに融通の効く職種

ビジネスデベロップメント

事業開発をする仕事です。新規ビジネスの立ち上げと言ったほうが分かりやすいかもしれません。今までやったことのないことへ挑戦するので、仕事も新しいことばかりで常に最新の情報を勉強したりする必要もあります。指示待ちの仕事ではなくて自分が動かないと何も進まないので責任も大きく伴いますが、その分収入は一般よりも高い水準です。

Webプロデューサー

インターネットを利用したビジネスにおいて、プロジェクトを企画したり制作や顧客との交渉、予算管理など運営全般を統括する責任者です。
専門的な業務はエンジニアやプログラマーがやりますが、ある程度の知識は必要です。
こちらの職種も業界によりますが、プロジェクトをしっかりとこなしていけば融通の効くポジションを築くことが出来るのではと思いました。

デザインイラストレーター

基本的にイラストの制作作業は自分でやるので仕事をする場所は在宅や外出先でも出来るイメージです。
ただセンスも含めて実績がものをいう業界なので、美術など芸術系の才能が皆無であり興味もそこまでないボクにはあまり向いてない気がします。

ライター

記事を執筆する仕事です。
皆さんが普段読んでいるYahoo!ニュースやブログなどの記事を書くのですが、いきなりメディアで働くことは難しいです。個人的な活動として趣味でも良いのでまずは記事を書いている実績が必須といえます。もちろん内容の完成度も必要です。こちらも基本的に作業する場所は融通が効きそうです。

フリーランス

個人事業主です。
業種は人それぞれですが最終的にはここの職種がベストだと思います。
しかし、給料が保証されていなかったり福利厚生がない分、自分の努力と実力が必要です。
職種は自分に合ったものであれば何でも出来ますが、仕事は自分から作っていかなければいけません。
その分、場所も時間も全て自分でコントロール出来ます。

最後に

個人的な意見ですが、人工知能やロボット化によって今後の勤務スタイルはこれまでの会社に所属して与えられた仕事をするというスタイルは古くなっていくと思っています。

そこで新しいスタイルとして考えられるものが復業です。
社員数の多い大企業のようにチームを作って仕事を進めていくスタイルが個人間に移り変わって仕事毎に個人同士がチームを作って進めていくというものです。

終身雇用は廃れてつつあるので、いずれにしろ一つの会社にこだわって働く必要はないのだと思っています。

仕事探しに迷ったときにはこのように無料で相談できる就職支援サービスを利用してみるのも全然ありですね!

他にもこんな仕事や職種がひとり親に向いているのでは?というものがありましたらぜひ教えて頂けると助かります。

”好きなことや面白いことをやるのが一番だね”

いいね!はこちらをポチってね

にほんブログ村 子育てブログ シングルパパ育児へ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる